Twitter-oodate

2008年10月25日土曜日

ポン太君まんじゅう


横手焼きそばの隣でした。
お昼は横手焼きそばをチョイスしました。


ポン太君まんじゅうも限定販売してます。

大仙市に来ています

所属団体の会員大会のイベント秋田旨めもの屋台村
に参加出店しています
今日、明日二日開催されます。きりたんぽのPRです

つつドン「大曲花火」のキャラクターshopもでていました

2008年10月18日土曜日

明日は城西小学校ふれあいフェスティバル

大館市立城西小学校の
創立50周年記念城西ふれあいフェスティバルが明日19日開催されます

8時40分 開式
8時45分 スクールバンド演奏
9時00分  3年
9時20分  1年
9時40分  2年
10時00分 4年
10時20分 5年
10時40分 6年
11時10分 全校
11時35分 ここから地域の部 東太鼓
11時55分 カラーガード発表
12時05分 ヒップホップ
12時15分 一中合唱部
12時35閉会
軽食 13時
バザー 餅つき ゲーム 正課クラブ体験.発表13時15分

2008年10月12日日曜日

子供達に大人気

きりたんぽの妖精ポン太君とキリ子ちゃん
一緒に写真撮ってと大人気です

きりたんぽ祭開催中

天気がなんと回復
ダックスムーンもリハーサルを始めました

2008年10月11日土曜日

今日からきりたんぽ祭開催

10時より開催します。準備中です

2008年10月8日水曜日

紅葉も降りて来ました

バイパスの脇の葉っぱも赤く色付き始めました。十和田湖、八幡平、森吉山、等はさぞかし見ごろでしょうか?近年は足を運ぶ時間を作れないうちに終わってしまいます

ダックスムーン ライブ

ダックスムーン ライブが
10月12日 大館市長木川特設会場 きりたんぽ祭り特設会場にて
12時より13時までの予定で行われます。

早めに来てフリマ見て 1000本焼きを楽しみ
ライブも良いですよ
当日は私も所属団体の出店でおそばを売っています
きりたんぽ祭りで何故そばなんだと言う突っ込みはナシです
色々深い訳があるのです…^_^;




2008年10月7日火曜日

本場 大館キリタンポ祭り



プログラム

 

イベント

時間

備考

初日

 

 

10

11

きりたんぽまつり開会式

10:0010:30

 

たんぽ千本焼き

参加料100円、先着500名様まで

11:0012:30

千本焼き会場

郷土芸能

「粕田酒こし舞保存会」

12:0012:30

特設ステージ

歌謡ステージ

「岩谷キミ子ショー」

13:0014:00

特設ステージ

「ビンゴ大会」

たんぽ鍋会予約者、どんぶり購入者(但し、各店先着50名様)に参加券をお渡しします。

14:3015:00

特設ステージ

2日目

 

10

12

フリーマーケット

主催:大館労働福祉会館

10:0015:00

労働会館で

受付中

たんぽ千本焼き

参加料100円、先着500名様まで

11:0012:30

千本焼き会場

ダックスムーン

「キリタンポ物語コンサート」

12:0013:00

特設ステージ

民謡日本一ショー

「本間良蔵一行」

13:2014:20

特設ステージ

「ビンゴ大会」

たんぽ鍋会予約者、どんぶり購入者(但し、各店先着50名様)に参加券をお渡しします。

14:4015:15

特設ステージ

きりたんぽまつり閉会式

15:3015:50

 

 

大きな地図で見る

2008年10月5日日曜日

第37秋田県ジュニアキンダー水泳記録会

本日は子供の水泳記録会
毎度の事ながら早朝より車で移動大館市から県立プールの有る秋田市へ今日は400自由メートルと200自由メートル100メートル自由 とフリーのエントリーです

朝から濃霧

朝晩の温度差が激しくなって来ました。これからは毎日の様にこんな感じの日が続きます。今日も快晴でしょうか!紅葉も見ごろになる頃です。

2008年10月3日金曜日

もみ殻 高性能活性炭

秋田県立大学システム科学技術学部(秋田県由利本荘市)の熊谷誠治助教は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)の産業技術研究助成事業(予算規模:約50億円)のもと、もみ殻に由来する高機能活性炭の開発に成功したそうです。

今まで活性炭はヤシのみなど他国の産業廃棄物を輸入して作られていたそうですが
今後は自国の農業産業廃棄物ともいえる「特に農業立県秋田県」 もみ殻で高性能な活性炭が作られるとすれば本当に循環型社会になりますね 食料に依存しないバイオマス資源!一大活性炭生産地になったりして

「もみ殻は毎年大量に発生します。昔は稲わら同様に野焼きして土壌改良として還元してましたが
随分前から大気汚染になるとの事で禁止されました。」

活性炭は石炭からも作られているそうですが
食品向けの者は抵抗が有ったそうです。もみ殻生成の活性炭であればそこの点は大丈夫ですね!

この活性炭の特に優れている点「高性能と言われる」は燃料油中の硫黄化合物の除去
軽油中の硫黄化合物を除去する事によってディーゼルエンジンの排気ガスをクリーンにする事ができるそうです。
今後期待されている軽油を使用した家庭用燃料電池の性能を左右させる性能も有しているとか
これからも目が離せません


やってくれました 稲わらから バイオエタノール

秋田県総合食品研究所の進藤昌主任研究員(44)らの研究グループが、稲わらなどセルロース(繊維質)系バイオマスからサトウキビ並みの濃度のバイオエタノールを生産する技術を開発したそうです。

セルロース系から得られるエタノールの濃度は、5%までが限界とされていたそうですが、同研究グループは県内の山林で発見した酵母を使った新たな発酵システムで、2倍の10%強まで濃度を上げることに成功したそうです  「環太平洋バイオエネルギーサミット」で発表するとの事
既に特許を出願しているとの事ですが 
もちろん国際特許ですよね

これでサトウキビやとうもろこしの価格高騰が抑えられればしめたもの
稲わらはなんと言っても産業廃棄物で 以前は稲わら焼きなど迷惑なものでした
今の時期は夕方、逆転層でよく 稲わら焼きでスモッグ状態でした。
懐かしくも感じられますが…

2008年10月1日水曜日

そろそろおしまい

稲刈りもそろそろ終わりに近付いて来てます。きりたんぽ鍋の本番に突入で〜す
世幸